専業主婦でもかりられるカードローン。楽天銀行の特徴とは。

楽天銀行(旧イーバンク銀行)とは、ネットバンク銀行の代表格として有名です。当該サイトを訪れてみればわかりますが、各種預金や投資信託といった金融商品、はたまた馬券など公営ギャンブルの購入まで、幅広いサービスを展開しています。
そんな中、専業主婦向けカードローン(楽天銀行スーパーローン)にも力を入れており、その画面には、「入会金・年会費永久無料」「年利14.5%。融資限度額最大50万円」などの活字が躍っています。このサービスは、専業主婦でもかりられるものとして広く知られています。
そして、大きな特徴として、
「主婦自身はもちろん、配偶者の収入証明書も不要」である点が挙げられます。これは嬉しい。要は本人確認書類だけ用意すれば済むのですから(例えば運転免許証、健康保険証、パスポートなど)。
また、楽天といえばスーパーポイントが有名ですが、それも当然付与されます。例えば、当該カードローンに入会するだけで、楽天スーパーポイントが1000ポイントもらえます。これは、楽天市場でのお買い物や、ANAポイントとの交換に使えるのです。
ところで、楽天銀行は「銀行」です。つまり、いわゆる総量規制の対象外です。それなのにといっては何ですが、当該銀行との付き合いが専らPC経由(自宅経由)であるからか、「対象外ゆえの敷居の高さ感が小さい」特徴があります。そしてその特徴に加え、当該ローンは主婦向けですから、自ずと専業主婦でもかりられる可能性が高いといえましょう。

こちらに専業主婦でも借りられるについて詳しく書いています。

専業主婦でもかりられるカードローンのおまとめローンのメリット

貸金業法に関しての法改正が行われて、総量規制という多重債務者を減らす事を目的とした規則が施行されています。総量規制の対象となっているのは、消費者金融や信販会社のキャッシングローンです。これらは身分証を一点用意するだけで即日融資を期待する事が出来るという便利な内容となっていますが、金利は高く設定されているので、借りすぎてしまうと返済が困難となってしまいます。キャッシングローンの借りすぎを防ぐために、年収の3分の1以上の金額は借り入れを行う事が出来ないと定められています。このために、現在すでに年収の3分の1を超えた金額を利用している場合には、利用可能額を増額する事は難しくなっています。こういった人であっても大きな金額の融資を受ける事が出来るのが、おまとめローンと呼ばれている借り換え目的のカードローンです。おまとめローンとは、複数のローンをまとめるという意味で名付けられたカードローンです。借り換え目的であるので、金利は低く設定されています。総量規制は多重債務を減少させるために施行されているので、融資内容が借り手にとって有利な条件であるローンに対しては対象外となっています。おまとめローンは配偶者の同意書などを用意する事が出来れば専業主婦でもかりられるという内容となっています。専業主婦でもかりられるという事は、年収がいくらであっても利用する事が出来る可能性があるという事になります。複数の業者への返済が苦しいという状況の人が利用するのに向いている内容となっており、返済額を軽減させる事が出来るという点がメリットとなっています。

専業主婦でもかりられるカードローン・収入証明書は不要です

2010年6月に総量規制いう法律が制定されたことにより、専業主婦の借り入れが大変難しくなりました。
総量規制によって、借金の上限額を年収の3分の1までに制限されたため、収入のない専業主婦の方は自動的に借金が出来なくなってしまったのです。

しかし、家族の生活を預かる主婦の方が、なにかあったときにどこからもお金を借りられないというのは、とても不安なことだと思います。
そして、何らかの事情で家族に知られずに、お金を借りたいとう場合もあるかと思います。
そんなときにオススメしたいのが、銀行系カードローンと呼ばれるものです。
銀行系カードローンの場合、配偶者の年収をベースに専業主婦でも借り入れを申し込むことができ、さらに収入証明書や同意書なども必要ないので、家族にばれることもなく、専業主婦でもかりられる方法なのです。
さらに、自宅からインターネットを利用して申し込むこともできますし、銀行に設置してある専用のATMから申し込むこともできるので、本当に便利なのです。
その銀行の口座のキャッシュカードを持っていればそのまま使用できる場合もありますし、新たなキャッシングカードを発行される場合においても、銀行系で持ち歩いても抵抗ないデザインなので、その点もうれしいですよね。
さらに銀行ATMだけでなく、コンビニATMも利用できますので、いつでも現金を引き出すことが可能です。

このように、銀行系カードローンは専業主婦でもかりられるというだけでなく、大変便利な借り入れ方法なのです。
この方法を知っていれば、ピンチのときにとても役に立ってくれると思いますよ。

専業主婦でもかりられる?流通系カードローンを利用する際のデメリット。

カードローンには様々な種類があります。カードの発行元により分類され、それぞれに特徴があります。
その代表的なパターンとして、流通系があります。カードの発行元は、大手スーパーやデパート、百貨店などの流通業に属する一般企業となります。
注目すべき特徴は、その利用のしやすさです。企業側にとって顧客確保、顧客情報収集の一環である点が理由として挙げられます。
この種のカードは、買い物などをする機会が多い主婦にとって、とても身近なカードと言えます。入会金、年会費が無料である場合がほとんどで、デパートやショッピングセンターで手軽に申し込みが可能です。審査基準も緩やかで、発行までの手続きが速いというメリットがあります。
1枚のカードでキャッシングとショッピングのどちらにも使用できます。更に、独自のポイントなど利用特典があります。
流通系カードローンは、専業主婦でもかりられるキャッシングとして、非常に有効な選択肢とされてきました。しかし総量規制が適用されたことにより、安定した収入が貸し出しの条件になりました。その為、専業主婦単独での借り入れが困難になっています。ただし、ショッピングに関しては制度が異なる為、未だに専業主婦でもかりられる可能性があります。
流通系カードローンのデメリットとして、金利の高さが挙げられます。手軽に利用できる分、他のローン会社に比べ金利が高めに設定されています。長期借り入れには注意が必要です。
借り入れ限度額も、他社に比べ若干低めに設定されています。また、返済が指定のATMに限定されるなど、アクセス面での利便性にやや欠けると言えます。
利用に関し、短期的な借り入れに限定して使用するのが適切な使い方だと考えられます。

バンクイックカードローンの最大の特徴は専業主婦でもかりられること

バンクイックは、三井東京UFJ銀行のカードローンで、
低金利で即日融資OKなことから、とても人気を集めています。
しかし、バンクイックが人気の理由ははそれだけではないのです。
最大の特徴といえば、やはり専業主婦でもかりられるという点でしょう。
総量規制の関係で、収入の無い専業主婦はお金を借りるのが大変難しくなりました。
年収の三分の一を超える借り入れができないので、収入の無い専業主婦は当然一円も借りられません。
ただこれは消費者金融に対する法律ですから、銀行からなら融資を受けることが出来るのです。
しかし、銀行の方もキャッシングやカードローンに関しては、
原則収入のある人に限るという方向になっていますから、
専業主婦が借入れを行うのはなかなか難しい状態になっています。
しかし、バンクイックの場合は、配偶者に安定収入がある場合は専業主婦でもかりられるようになっているのです。
限度額などの融資条件は人によって違うので一概には言えませんが、
配偶者に安定した収入があり、かつ初めて借入れを行う方なら審査には通るでしょう。
本人に収入がないので、100万円を越えるような高額な融資は難しいと思われますが、
30万円程度の額なら問題なく通るのではないでしょうか。
ただし、既に他のところから借入れを行っている場合は別です。
借り入れ履歴に事故歴がある場合はもちろん無理ですし、
事故歴がなくても、借り入れ履歴が多すぎたりすると審査に落ちる可能性が高くなります。

テレビCMでもお馴染みの専業主婦でもかりられるカードローン

みなさんは、『銀行系カードローン』という言葉を聞いたことがありますか?
最近では、大手銀行系のカードローンのテレビCMがバンバン流れているので、認知度もかなり上がってきていますよね。
しかし、この商品が実際にどのようなもので、どのようなメリットがあるものなのかを詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

この商品の大きな特徴は、専業主婦でも借り入れができる点です。
2010年6月に総量規制という法律が制定され、『借金は年収の3分の1の金額まで』と定められました。
これにより、収入を得ていない専業主婦の方は借金ができないということになり、一時期マスコミにも頻繁に取り上げられ、話題になりました。
しかし、この銀行系カードローンについては、総量規制の対象にはなっていないのです。
つまり、これが専業主婦でもかりられる理由です。
配偶者の年収をベースに借り入れの申込みが出来ますが、配偶者の方の収入証明書や同意書は必要なく、本人の身分を証明する書類のみで手続きが可能です。
具体的には免許証やパスポートなどですね。
自宅からインターネットを使って申し込むこともできますし、銀行に設置してある専用のATMから申し込むこともできるので、本当に便利です。
審査もとても早いので、即日融資を受けることも可能です。
さらに銀行のATMだけでなく、コンビニのATMでも現金を引き出すこともできるのです。

つまり、この商品は専業主婦でもかりられるだけでなく、大変便利な商品なのです。
家計を預かる主婦の方は、なんらかの事情でお金が必要になる機会もきっと多いでしょうから、覚えておいて損はない商品だと思います。

専業主婦でもかりられるカードローン・家族バレしない方法

現在は2010年に総量規制という法律が新たに制定されたことを受けて、専業主婦の借金が大変難しい状況になっています。
総量規制によって、借り入れ額は年収の3分の1までと制限されたため、収入がゼロの場合は借り入れ可能額もゼロになってしまうためです。
しかし、家族の生活費をコントロールする主婦の方が、お金に困った時に借りる場所がないというのは、事態をより深刻にしてしまうかもしれませんよね。
専業主婦が借金することは、本当に不可能なのでしょうか。

実は、総量規制の対象にはなっていないカードローンがあるのです。
総量規制の対象になっていなということは、すなわち収入のない専業主婦でもかりられるということです。
それは、『銀行系カードローン』とよばれるものです。
これは、配偶者の年収をベースに借り入れを申し込むことができ、申込みの際も配偶者の同意書や源泉徴収票などの収入を証明する書類も特に必要ありません。
基本的には、本人の運転免許証などの身分証明書があれば手続きができますので、この方法であれば家族に内緒で借りることも可能です。
さらに審査もとても早いので、即日融資を受けることもできるので、すぐに現金を手にすることができます。
また、窓口にわざわざ行かなくても、スマホやPCからでも銀行設置のATMからでも申込みができますから、その点も大変便利ですね。

このように銀行系カードローンは、家族バレせずに専業主婦でもかりられるので、知っているととても役立つ方法です。
とはいえ、必ず返済計画をしっかり立てたうえで、利用するようにしましょうね。

無人契約機による登録でカードローンは専業主婦でもかりられる

最近では、ローンを組みたいと考える人の身分証明書および世帯ごとで安定した収入を得ていることを証明できる書類などがあれば専業主婦でもかりられるようになっています。
銀行などの口座開設であれば銀行の窓口にて登録、口座開設、カードの発行を行いますが、カードローンを組む場合の手続の方法は大きく三つあります。
一つ目は銀行の口座開設と同様に店舗の窓口にて担当係員と相対して行う方法です。その場で口座とカードが出来ますので即座に利用可能です。
二つ目は無人契約機を利用した登録です。都道府県によっては店舗がない会社企業がありますが、無人契約機の端末であれば全国に設置されています。端末が設置されている部屋に入り、密室となった状態で手続を行います。必要事項の大半は端末に対して行いますが、不明な点や詳細説明が必要な場合などは端末を通して監視している係員が対応します。どの会社企業でも契約器の端末はATMと隣接して設置されているので、こちらの方法でも登録手続が終了しましたら、終了と同時にカードも発行されるので即座に利用可能です。
三つ目はインターネットを利用した方法です。店舗にも無人契約機にも行く必要が無く、自宅からであっても登録手続が可能ですが、書類提出が必要な場合は写真やスキャナーによるデータの送信か郵送による送付が必要となり、カードの受け取りも郵送になるので、利用するには少々時間がかかります。インターネットにより所有する銀行口座に振り込むことで利用することは、カードローン会社によって出来るかどうかが変わります。
これらの登録は本人代理人問わず、証明書の用意があれば専業主婦でもかりられるようになっていて、手続も可能となっています。

他人の収入で利用する専業主婦でもかりられるローンは計画的に

最近では専業主婦でもかりられるローン商品が広く普及していますので、仕事をしていない女性の方でもパートナーの収入によって銀行の顧客になります。その影響もあってからか、専業主婦でもカードローンの使えるキャッシュカードを持っていることが多くなりました。中にはパートナーからもしもの時のためにとカードを渡されている方もいらっしゃるようです。
しかし、いくら専業主婦だからといってもカードを持つためには審査を通過する必要があります。そこで便利なのがお試し審査です。これは読んで字の如くで、いきなり審査を申し込むのは抵抗がある、今までお金を借りことはないという方にとって非常にお勧めのサービスです。
また、専業主婦では中々外に出られないこともありますがインターネットでお試し審査の申し込みができ、サービス面でも充実しています。入力する項目も職業や年齢などだけですので匿名で審査ができるというメリットがあります。これにより、もし審査に落ちてもクレジットヒストリーに記録されることはありません。ただし、お試しはあくまでお試しで、審査に落ちたからといって必ずしも本審査で落ちるとは限りません。気になる審査結果は大体どこも十数秒で出るようになっていす。銀行によっては、ただ単に審査するだけではなくて月々の支払いはいくらになるかなど、返済シュミレーションとして活用することができる場合もあります。誰にも邪魔されないでじっくりと検討することができますね。
専業主婦でもかりられるローンの場合は他人の収入で利用しますので、計画的に利用しましょう。

専業主婦でもかりられるローンの説明と住宅ローンを組む時の注意点

思いがけない事故や病気によって出費がかさむ時というのは誰でもありますが、専業主婦でもかりられる消費者金融というものがあります。一般的な消費者金融出会ったり、女性を対象としたレディースローンという消費者金融もあります。このようなところは事務員を女性にしたりなど、女性のお客様が入店しやすかったり、話しやすかったりと、とても配慮してあります。消費者金融だけでなく、銀行においてもお金を借りる事が出来ます。収入があり審査に通れば簡単にお金を借りる事が出来て、ローンを組むことが出来ます。専業主婦がカードローンを申し込んだとしても、配偶者に迷惑をかけることはほとんどありません。色々な理由で配偶者に相談できずにローンを組むとしても、配偶者(夫)の信用情報には記載されることはほとんどないからです。しかし、住宅ローンを組む場合は連帯債務者や連帯保証人を選定する必要がある場合があります。この場合に、配偶者、つまり夫を連帯債務者や連帯保証人に設定した場合は、配偶者の信用情報も調べられますから、隠しておきたい場合には注意が必要です。専業主婦でもかりられる住宅ローンの注意点のもう一つが、収入が無くても株式や、建物、土地等の不動産を持っていた時にも収入があるとみなされて連帯保証人になるように言われる事がありますので、不動産に関する登記簿も調べられる事が多々あります。配偶者にこのような内容がある場合には調査される事がありますので、隠しておきたい場合には注意する必要があります。